「骨」を動かすのは「筋肉」である!

正しく立ったり、正しく歩いたりするために重要なのが骨の配置(アライメント)です。

とはいっても、骨自体がその配置を決めているわけではありません。
筋肉や他の軟部組織が骨を支えていて、これらに不具合が起きることで「歪み」が生じるのです。

その原因を一言で言うと、日常生活のクセや習慣、重心のとり方、運動不足などです。
そして狂ったアライメントのSOSが首の痛み、肩こり、腰痛や膝痛などの危険信号です。

当院はこの筋肉のアプローチの重要性を開院当初から提唱し、施術を行っています。